banner

面接のポイント

<気を付けたい身だしなみ>

ホテル業界は身だしなみにとても厳しい業界です。
茶髪はもちろん記載がなくても不可だと思いましょう。
その他、爪から髪型までもチェックされますので、ホテル業界に合っている身なりで行くようにしましょう。
面接が通ってからきちんとするでは遅いです。面接を受ける時点で観られている箇所なので、最低限、ホテルにふさわしい恰好をしていきましょう。
メイクにも気を付けたいですね。あまり派手すぎるメイクは敬遠されます。
ホテルに実際に足を運んでみてどんなメイクをしているか、身だしなみはどうかとチェックしてみましょう。

<うんざりさせてしまう言葉>

ホテルは人と接することが好きでなければやっていけない職場です。
ですから、人接するのが好きなのでホテル業界で働きたいという言葉は当たり前すぎてなんの印象にも残らない面接になってしまいます。

さらに最高のサービスを提供したいといった言葉もおおざっぱすぎる表現方法であり、ありがちな言葉です。
具体的にホテル業界をなぜ志望するかを言葉にして考えてみましょう。
それから面接に臨むことが大切です。

<言葉づかい>

ホテルはお客様に接する職のため、正しい言葉遣いは絶対です。
正しい言葉遣いができるように丁寧語と敬語について勉強しておきましょう。
そしてホテルでは英語力が必要になる場合も多々あり、外資系の場合には面接で英会話ということもありえますので、語学が必要な場合でも失礼のない英会話を身につけておきましょう。

<姿勢>

ホテルで働くには美しい姿勢が大切です。その点も面接で見ているので姿勢に関しては気を付けましょう。

身だしなみはもちろん、言葉や姿勢もお客様は見ておりますので、そのようなところに気を配れる人物がホテルへの転職に向いていると言えます。

what's new

!-- コピーライト -->
Copyright(C)2013 お見合いの大切なこと All Rights Reserved.